採用メッセージMESSAGE

一緒に日本の港湾を守りましょう!

渡辺 潤彰 HIROAKI WATANABE
海務部次長 兼 海務部課長

チームワークで港湾の安全を守る

アジアと日本をつなぐ日本海に接し、内航、外航のコンテナ船・貨物船、フェリー、またクルーズ船などが入港する新潟県の港湾。私たちは、大型船の離着岸のサポート、LNGなど危険物積載船のエスコートを行う、ハーバータグを主な業務として、新潟の海運物流を支えてきました。

タグボートを操り大型船をサポートするには、チームワークが必要です。1隻に乗船する4~6名のメンバー同士、大型船1隻に対応する2~4隻のタグボート同士、そして、大型船の船長や水先人と連携して、安全な離着岸という一つの目的を遂行する――そのために、推察力、協調性、そしてコミュニケーション力を持つ人材を求めています。

海技士資格(航海士4級、機関士4級)をお持ちなら、さらなる技術や知識は入社後に身につけられますし、資格取得も応援します。社内は経験豊かなベテランぞろい、バックアップ体制は万全です。

暮らしと仕事の両立を叶える

タグボートの出動は、前もって船会社から依頼が来るケースだけでなく、気象の変化によっては緊急依頼もあり、不規則な勤務になることもあります。ですから、状況に柔軟に対応し、自分でペース配分のできる姿勢が必要です。とはいえ、私たちの守備範囲は港湾内で、1日の作業は1~3回程度。つまり「毎日家に帰ることができる船乗り」です。年間休日121日、有給休暇50日という勤務体制を確立し、ライフイベントや趣味、子育てなど、家族の暮らしに寄り添う働き方を推進しています。実際にこうした働き方を目指してUターンしてきた社員もいます。

船体は30mと小さいけれど、大型船を動かせる4,000馬力と360度の回転もできる優れた運動性能を持つタグボートを操る手応え。新潟県の、ひいては日本の物流を支えるという誇り。そして、「陸に近い」勤務体制。やりがいと働きやすさを併せ持つ、日本海曳船での勤務という選択肢はいかがでしょう。ご応募をお待ちしています。