事業案内BUSINESS

港湾内において、大型船が安全に離着岸できるようにサポートし、またLNG(液化天然ガス)積載船のエスコートや警戒作業を担い、港湾の安全を守るのが曳船業務です。

私たちは、昭和42年(1967年)に新潟県から曳船事業を引き継いで創業しました。現在は、新潟港と直江津港に4,000馬力級のタグボートを11隻配備し、日本海側の重要拠点港、さらにLNG受け入れ基地を有するエネルギー港としての2港の発展を支えています。

業務内容

大型船の離着岸サポート

強力なエンジンと小回りのできる特殊プロペラを持つタグボートで、大型船の側面を押し、また、大型船の船首や船尾にロープを渡して牽引し、離着岸や方向転換をサポートします。

複雑な港湾内で自由に動くことができない大型船の運航、また強風や波浪による離着岸時のリスク軽減に、タグボートは欠かせない存在です。

LNG積載船のエスコート

LNG受け入れ基地である新潟と直江津の両港で、LNG船やLPG船に対してタグボートによる港湾内のエスコートと安全な離着岸サポートを行っています。

LNGの積み降ろしでは船側と陸上側のパイプをつなぐために、正確かつ緻密な着岸が必要であり、船の操縦に精通した乗組員の技術が求められます。

多機能防災船として安全確保

タグボートはマストにレーダーアンテナ、風向き風速計の他、放水設備を持ち、また、油流出処理装置も配備しています。危険物の海上輸送量が増大する中、不測の事故、災害時の初期対応のできる多機能防災船として防災業務を担っています。

消防をはじめ様々な機関と連携を図り、港湾と海の安全を守ります。

日本海曳船が取り組む課題

横に進めない巨大船

たとえば10万トン級のタンカーやクルーズ船。横には進めない巨大船に対して2~4隻のタグボートが連携して側面を押し、決められた岸壁に正確かつ安全に着岸させます。小型ながら馬力の大きなタグボートが巨大船を動かす様子はなかなかの見ものです。

離岸時は、ロープで引いて横方向にある程度離したら、「押す」と「引く」を組み合わせて方向を変え、航路へ向かわせます。

初入港&外国船

一つひとつ構造や地形、水深などが異なる港湾。初めて入港する大型船や外国船は、安全と効率を考え、タグボートのサポートやエスコートを要請します。

新潟港のレイアウト、海や川の流れ、天候などの特徴に精通したタグボート乗組員が、その日の気象と入港船の状況を勘案して、最適なコースと方法でアシスト。初入港でなくとも、着岸が混みあっている場合などにも、よりスムーズに速く離着岸するためにタグボートを要請する船も少なくありません。

風を読み、風を制する

定期的に入港する船でも、強風やうねりが高い時には、タグボートの助けが必要になります。

難しい状況下で、着岸や荷下ろしが可能かどうかを見極め、どのタイミングで動き始めるか、どういうコースで動かしていくかを判断して、入港船の船長や水先人と連携を取りながら、タグボード同士も息を合わせて安全な離着岸をサポートします。重要なのはタイミングとスピード。風に負けない強力なパワーで数々の難題をクリアしてきました。

エネルギー供給の要

環境に優しいクリーンエネルギーとして取扱量が増えているLNG(液化天然ガス)。新潟港東港区では昭和58年(1983年)に、直江津港では平成23年(2011年)にLNG船の入港が始まりましたが、その初入港から私たちがエスコート・警戒作業に当たってきました。

世界中の様々な国から-162℃に冷却されて運ばれてくるLNGは、今、火力発電燃料の70%を占めています。ますます需要が高まっていくLNGの安定供給に私たちは深くかかわっています。

曳船一覧

曳船の各数値についてはこちらからご覧ください。

萬代丸

朱鷺丸

越後丸

柳都丸

上越丸

なえば丸

いいで丸

あさひ丸

さち丸

かすが丸

管理曳船(株式会社テクノ中部 所有)

やちほ丸

管理曳船(株式会社テクノ中部 所有)