社長メッセージPRESIDENT

港の動くインフラで、日本海側の港湾の安全を守る。

新潟港は、本州日本海側最大の貨物取扱量を誇る国際拠点港湾です。多様な物資の流通拠点として、広い地域の経済活動と市民の暮らしを支えています。

私たちはこの新潟港、直江津港を拠点とし、11隻のタグボートにより大型船の安全な入出港をサポートしています。タグボートは小型の船体に強力なエンジンと360度旋回可能な推進器を積んでおり、小さなタグボートが大きな対象船を自在に押したり曳いたりしながら、安全でスムーズな離着桟に導きます。港湾にはなくてはならない存在であり、いわば「港の動くインフラ」と言えるでしょう。乗組員、社員は責任感と誇りをもって毎日の仕事に取り組んでいます。

私たちのモットーは、『Best Boats, Best Crew, Best Service』。乗組員、社員の安全と健康に配慮し、整備の行き届いたタグボートでお客様に質の高いサービスを提供し、私たちはこれからも地域の港湾の安全と経済の発展に貢献してまいります。

日本海曳船株式会社
代表取締役社長
水野 雄司